【報告】武庫小学校での「ふれあい交流会」

20160205武庫小2

2月4日(木)10:45~12:00に三田市立武庫小学校で行われた「ふれあい交流会」で、湛旭燕さん(中国)、ピエール・アンドレ・ポワリエさん(カナダ)、山鹿メリッサ・ローラさん(フィリピン)の3名が5年生104名を前にして、出身国の話や三田市で自分が生活をして感じたことなどを披露しました。

 そのあと三田に住んで良かったこと、三田に住んで苦労したことをそれぞれ話し、、外国の話にとても関心をもち、1時間半ほどの長時間でしたが熱心に聴いていました。

湛さんは、中国の市場の様子などの写真を見せてくれたり、いろんな学年の子どもが一緒に外で遊ぶことが多く、日本では約束をしてから遊ぶのにびっくりしたということなども話してくれました。

私たちはカナダの自然を素晴らしいと思っていますが、ピエールさんも逆に三田の自然を愛してくれているとわかりとても嬉しく感じていたようです。

最後のメリッサさんが子どもたちへ「学校へ行けることは当たり前のことではないのです。みなさん、学校で勉強できることに感謝してくださいね」というメッセージを伝えました。

みんな三田に住む外国人の感じていることや三田市国際交流協会の活動などを理解してくれたここと思います。楽しいひと時でした。

20160205武庫小1

まず自己紹介を行い、続いて出身国の話をしました。

20160205武庫小2

湛さんは中国の市場の様子や中国の料理の話をしました。ピエールさんはカナダの自然や動物などを紹介しました。

20160205武庫小3

メリッサさんはフィリピンのバナナの話やフィリピンの子どもの遊びなどを紹介しました。

20160205武庫小4

みんな真剣に三人の話を聴いてくれました。

関連記事

ページ上部へ戻る